編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

マルチリンクプロトコル

用語の解説

マルチリンクプロトコルとは

(multi-link protocol)
マルチリンクプロトコルとは、複数の通信回線で接続を確立して同時に利用し、通信速度を高速化するプロトコルのことである。
例えばISDN回線のINSネット64では1契約で64kbps回線を2本使用できるので、この2本を同時に用いてプロバイダーに接続し、128kbpsで通信することができる。 ターミナルアダプターの多くがマルチリンクプロトコルに対応している。 ただしこの際、電話料金も倍になる。 本来はマルチリンクプロトコルはISDN以外の回線にも適用できる。 あるいは2本以上の回線を束ねることも可能である。 Windows 98/Windows NT以降は、ダイヤルアップネットワーク機能でマルチリンクプロトコルに対応しており、パソコンに接続した複数のモデムやターミナルアダプターを同時に使った通信を行うことができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]