編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ミッションクリティカル

用語の解説

ミッションクリティカルとは

(mission critical)
ミッションクリティカルとは、コンピュータシステムなどを形容する言葉で、それが業務の遂行やサービスに必要不可欠であり、障害や誤作動などが許されないことである。
システムがミッションクリティカルであることは、とりわけ、24時間365日稼動し続けなければならず、万が一障害が発生すると社会的に影響の大きいような、交通機関や金融機関などの基幹システムや、社会的に重要なシステムには切に求められている。 ミッションクリティカルでのシステムの場合、システム障害やデータの損失などはユーザーに損害を与え、企業の信用問題にも関わってくる。 このため、サーバーを複数台設けてクラスタリング構成を取ったり、予備サーバーを立てて待機(ホットスタンバイやコールドスタンバイ)させる構成を取ったりするのが一般的である。 また、災害が発生した場合でもシステム停止は許されないため、本番サーバーと予備サーバーはまったく別の地方のデータセンターに設置し、遠隔地で待機させるといった構成を取る場合もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]