編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ミラーリング

用語の解説

ミラーリングとは

(ディスクミラーリング,ディスク二重化,RAID-1,mirroring,)
ミラーリングとは、データを記録装置に書き込む際に、まったく同一の複製データを別の記憶装置に書き込む手法のことである。
システムの可用性や信頼性を上げるために行われる。 ミラーリングを行っておけば、それまで使用していた記録装置のデータが壊れて読み出せなくなったとしても、もう一方の記録装置から読み出すことでデータを復旧させることができる。 ミラーリングは単純なデータ複製ではなく、前に一度取得したデータを基にして更新されたデータの差分だけを複製することでデータの複製が行われている。 これによって複製作業が高速で行われる。 ミラーリングが最もよく行われるのはハードディスクであり、これはハードディスクの高速化や信頼性向上のための方式であるRAIDにおいてRAID-1として定義されている。 複数台のハードディスクを接続している環境で、その全てに同じデータを書き込むことを指している。 Webサイトにおいては、サーバーをミラーリングして公開する「ミラーサイト」を設けるケースがよくある。 ミラーサイトを設置することによって、アクセス負荷を分散させることができる。 また通信経路が短いサーバーにアクセスすることも可能になるので、例えば動画のような大きいサイズのコンテンツをダウンロードする際の効率が向上する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]