メガドライブ

用語の解説

メガドライブとは

(GENESIS,ジェネシス,MEGA DRIVE,)
メガドライブとは、セガ・エンタープライゼス(現セガ)が1988年に発売した家庭用ゲーム機の名称である。
アメリカではGENESISという名称で発売された。 メガドライブは、セガ・マークIII、および、セガ・マスターシステムの後継に当たる機種である。 16ビットのCPU「MC68000」と8ビットのCPU「Z80」を搭載し、ソフトウェアの供給媒体には、ロムカセットを採用している。 また、CD-ROMドライブを内蔵した「メガCD」を接続することにより、CD-ROMの利用が可能になる。 メガドライブの代表的なゲームタイトルとして、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」や「ぷよぷよ」などが挙げられる。 なお、メガドライブより前に発売された同社の家庭用ゲーム機では、ゲームソフトは主に自社供給だったが、メガドライブ以降では、コナミやタイトー、ナムコといったサードパーティーからも数多く提供されるようになった。 メガドライブのゲームソフトは、後に発売された廉価版のメガドライブ2や、テラドライブ(IBM)、レーザーアクティブ(パイオニア)、ワンダーメガ(日本ビクター)などでも利用が可能である。 ちなみに、いわゆる同世代の家庭用ゲーム機としては、NECのPCエンジンや任天堂のスーパーファミコンがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]