編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

メッセージキューイング

用語の解説

メッセージキューイングとは

(message queueing,MQ,)
メッセージキューイングとは、異なるアプリケーションプログラム間で動作を連携させてデータを交換させる際の方式のひとつで、送るデータをキューと呼ばれるデータ領域に保持し、データを受ける側の処理が完了するのを待たずに次の処理へ移る方式のことである。
メッセージキューイングが導入されることによって、送信する側はキューにデータを置くだけで、送り先と同期できなくても確実にデータを送り届けることができる。 接続が途絶えるような状況にあっても、アプリケーションが対処しなくてもメッセージが確実に届く。 メッセージキューイングによって、アプリケーション間連携は緩やかなものになり、柔軟に統合することが可能になった。 連携の能率は向上し、待ち時間にバッファリングを行なうためのデータ領域も節約されるので、パフォーマンスが向上することもある。 プログラム開発の段階でアプリケーションの同期・連携を顧慮する必要もなくなった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]