編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

メトロイーサ

用語の解説

メトロイーサとは

(Metro Ether,BusinessEtherタイプM(メトロタイプ),)
メトロイーサとは、NTT東日本が提供する、イーサネットを利用したワイドLANサービス「ビジネスイーサ タイプM(メトロタイプ)」の旧名称である。
2001年に提供が開始され、2006年に「ビジネスイーサ」(Business Ether)のブランドに統合された。 メトロイーサは、東京23区や政令指定都市などの主要都市圏において網型通信を提供するMAN(Metropolitan Area Network)サービスである。 100BASE-TXや1000BASE-LXといったイーサネットの通信インターフェースを利用して、100Mbps、1Gbps、さらには10Gbpsの高速通信を廉価で提供する。 メトロイーサは、回線を単位として契約するサービスであり、通信距離やデータ量に関係なく定額で利用できる。 サービス品質保証制度(SLA)として、故障回復時間、遅延時間、稼働率が保証される。 NTT東日本が提供していたワイドLANサービスとしては、メトロイーサの他にも「スマートイーサ」や「フラットイーサ」、「スーパーワイドLANサービス」などの種類があった。 各サービスは共に、ビジネスイーサに統合され、それぞれ「タイプS」や「タイプF」といった名称に変更されている。 なお、NTT西日本からは、メトロイーサと同様の広域LANサービスとして「アーバンイーサ」が提供されていた。 アーバンイーサも、メトロイーサと同時期に「ビジネスイーサ」へと交代している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]