編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メモリスイッチ

用語の解説

メモリスイッチとは

(memory switch)
メモリスイッチとは、NECのPC-9800シリーズが備えていた、コンピューターの機能を設定するためのソフトウェア的なスイッチのことである。
システムのハードウエアに関する設定を行うもので、ハードディスクを起動用ディスクにするか否か、あるいはRS-232Cの通信速度をいくらにするか、といった設定ができる。 物理的に備わるハードウェアスイッチの対概念となる。 メモリスイッチは、電源を切っても内容が消えない(不揮発性の)メモリに記録される。 ヘルプキーと電源ボタンを同時に押して起動すれば、設定モードに入ることができる。 なお、DOS/V機(PC/AT互換機)も同様の機能を備えている。 後にコンピューターの機能が豊富になると、スイッチの数が増えて複雑になったり設定ミスを招きやすくなったりしたため、画面上で機能を表示し、一々確認しながら設定を行えるものが増えた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]