編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メモリースティック

用語の解説

メモリースティックとは

(memory stick)
メモリースティックとは、小型メモリーカードの規格のひとつで、ソニーが開発したフラッシュメモリー方式の記録媒体のことである。
オリンパスやカシオ、三洋電機、シャープ、富士通など、数多くのメーカーがライセンスを締結している。 サイズは縦21.5mm×横50mm×厚さ2.8mmで棒状、小型・薄型となる。 重さは4g。 主にデジタルカメラや携帯デジタル音楽プレーヤーなどに装着し、データの記録や再生ができる。 記憶容量では、現在128MBや256MB程度のものが主流である。 なお1999年12月には同ソニーからMagicGateと呼ばれる音楽データ著作権保護技術が備わった「マジックゲート・メモリースティック」が発売され、一部の携帯デジタル音楽プレーヤーに採用されている。 携帯電話などへの搭載を図り小型化を更に進めた「メモリースティック・デュオ」や、256MG以上の大容量1GB・2GBを実現した「メモリースティック・プロ」などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]