編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メールヘッダ

用語の解説

メールヘッダとは

(mail header)
メールヘッダとは、電子メールのメッセージに付けられる制御用のデータのこと、あるいはそれを記載する領域のことである。
メールヘッダにはメールの送受信に関わる情報が記載される。 例えば宛先(To)、送信元(From)、題名(Sublect)から、日付、中継されたサーバー、データを扱うための拡張使用であるMIMEのバージョンなどといった情報がヘッダに納められている。 項目の大半は、その電子メールが送信される際に電子メールソフトによって自動的に記述されるが、「X-」で始まる項目については任意に記述することができる。 例えば「X-Mailer」の項目では、メーラー(電子メールソフト)の名称をユーザーが任意に記述することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]