編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

モジュラージャック

用語の解説

モジュラージャックとは

(modular jack)
モジュラージャックとは、電話線などの信号線をまとめて接続する場合に用いられる端子(コネクター)のことである。
電話やFAX、モデム、ISDNやLANなどを接続するのに用いられる。 プラスチック製のプラグに抜け落ち防止のツメが付いた形状をしており、脱着は簡単で誤脱しにくいのが特徴となる。 従来の加入電話線の接続のように工事資格を必要とすることもない。 最近の家庭内電話線の差し込み口は、大半がこの形をとる。 ちなみに、モジュラージャックの受け口となる部品はローゼットと呼ばれる。 モジュラジャックにはいくつかの種類がある。 アナログ電話回線などでは 6極2芯の RJ-11が、LANケーブルコネクターなどでは 8極8芯の RJ-45が用いられる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]