編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ユビキタスコンピューティング

用語の解説

ユビキタスコンピューティングとは

(ubiquitous computing)
ユビキタスコンピューティングとは、あらゆるモノにコンピュータが内蔵され、いつでも、どこでもコンピュータの支援が得られるような世界や概念のことである。
「ユビキタス」という言葉はラテン語の「ubique」に由来し、日本語の「あまねく」という言葉に相当する。 すでにコンピュータがコンピュータとして意識されることなく、当然のように身近にあるものとして認識されていることが、ユビキタスコンピューティングの目指すところである。 ユビキタスコンピューティングの概念は、ゼロックス・パロアルト研究所(PARC)のマーク・バイザー氏が1988年に提唱したものである。 マサチューセッツ工科大学(MIT)では「ウエアラブルコンピューティング」という名称の元に研究が行われ、米IBMなどは同様のコンセプトのコンピューティング環境を「パーベイシブ・コンピューティング」と称している。 そして東京大学では1980年代前半に坂村健が同様の概念である「TRON」構想を提唱していた。 21世紀に入り、携帯電話の小型化・高性能化に見られるようなコンピューティング技術の進化や、インターネットの普及に見える通信環境の整備を背景として、ユビキタスに実現の兆しが見え始めており、がぜん注目を集めている。 パソコンや携帯電話だけでなく、腕時計やメガネ、指輪などの装飾品、家電製品などあらゆるものがコンピューティングパワーを持つことがユビキタスコンピューティングの姿とされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]