編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ユーティリティソフト

用語の解説

ユーティリティソフトとは

(utility software)
ユーティリティソフトとは、OSやアプリケーションの機能や操作性を改善・向上するためのソフトウェアの総称である。
ツールと呼ばれることもある。 ファイル圧縮やメモリー管理、コンピュータウイルスの駆除、スクリーンセーバーなど、用途ごとに様々なユーティリティソフトが存在し、その多くはOSの機能の使いづらい部分の改善に用いられる。 ユーティリティソフトの機能が取り込まれることでOSも機能を強化されてゆく。 ユーティリティソフトにはOSにあらかじめ付属するものや、あるいは市販されているものもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]