ライブカメラ

用語の解説

ライブカメラとは

(live camera)
ライブカメラとは、CCDカメラなどの撮影機材をパソコンに接続し、ネットワーク上に風景などの映像をリアルタイムで配信するサービスのことである。
静止画を一定間隔で更新するものから、ほとんど動画となっているものなど、ライブカメラの品質は様々である。 地域を問わず、またプロかアマチュアかを問わず、膨大な数のライブカメラがインターネット上で公開されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]