ライブラリ

用語の解説

ライブラリとは

(library)
ライブラリとは、プログラム言語において、ある特定の機能を持つプログラムを定型化して、他のプログラムが引用できる状態にしたものを、複数集めてまとめたファイルのことである。
ライブラリには関数やサブルーチンといった、プログラムに多く用いられると思われるデータが集められている。 そのため、プログラミング作業の能率はライブラリがない状態での作業に比べると大幅に向上する。 ライブラリーそのものが単独で機能することはなく、あくまで他のプログラムへの部品となる。 なお、ソフトウェアの開発メーカーなどが市販したり、あるいは宣伝もかねて無償で提供したりといった場合も多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]