ラインフィード

用語の解説

ラインフィードとは

(line feed,LF,)
ラインフィードとは、文字列を操作するための非表示文字である制御コードのひとつで、カーソルを次の行へ送ることである。
改行を指示するリターンキーとほぼ同義として用いられる場合があるが、厳密には次の行における同位置へと送る操作を行う。 Windowsでは、ラインフィード(LF)と、同じ行の先頭位置に戻す制御コードであるキャリッジリターン(CR)とを組み合わせて、「改行」として機能する。 ただしMacOSでは「改行」の実行にCRのみを用い、逆にUnixではLFのみを用いる。 点の配列によって文字や図形を表現する印刷機であるドットインパクトプリンターなどには、LFボタンが設けられてあって、これを1回押すごとに1行分だけ紙が送られる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]