ラチチュード

用語の解説

ラチチュードとは

(latitude)
ラチチュードとは、写真用語で、フィルムが再現することのできる露光域のことである。
原義は「寛容さ」という意味である。 ラチチュードが狭いフィルムでは、フィルムの露出がやや適正を外れた状態で撮影すると、黒くつぶれたり、あるいは白く飛んだりして、中間色の表現である階調が失われてしまう。 逆にラチチュードが広ければ、露出を適正から多少ずれても正常な明るさの写真を撮影することが可能である。 一般的に、ネガフィルムは現像時に「焼き」の濃度を調整することが可能であるため、撮影以後には操作の加えられないポジフィルムに比べてラチチュードが広いといわれる。 ラチチュードはフィルムに固有の指標で、メーカーや製品によって異なる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]