ラップトップ

用語の解説

ラップトップとは

(laptop)
ラップトップとは、ノートパソコンの呼び名が普及する以前の、携帯型パソコンの概念としての名称である。
コンピューターの小型化・軽量化が進む1980年代後半に、ディスプレイや本体、周辺機器を一体化して、持ち運んで外出先で用いることができるパソコンが製品化された。 ラップトップ、すなわち、ひざの上に乗せて使うことができるという売り文句を込めた名称ではあるが、当時はそれでもまだ重量も体積もかなりのものだった。 その後さらに小型化が進み、従来のラップトップパソコンと同等以上の性能をA4ファイルのサイズの製品で実現することができるようになると、ノートパソコンという呼び名が取って代わって主流となり、ラップトップという呼び名はあまり用いられなくなった。 現在、特にラップトップという言葉を用いる場合の多くは、ノート以前の初期の携帯型パソコンを指している。 ただし英語圏の諸国では今も、字義通りの意味で、いわゆるノートパソコンを指してラップトップ(Laptop Computer)と呼ぶ。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]