編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

リアルタイムエンコーディング

用語の解説

リアルタイムエンコーディングとは

(リアルタイムエンコーディング)

 動画や音声を再生速度と同じ速度で符号化(エンコード)すること。

具体的には、動画などのデータの再生時間と、そのデータのエンコードに必要な時間が同じことをいう。

 外部からデータを取り込んでエンコードする場合、エンコード前の巨大なデータをディスクに保存しておく必要がなく、ディスクを占有するデータのサイズを抑えられる。

 動画では専用ハードウェアによるリアルタイムエンコーディングが可能になっているが、動画のエンコードには高速な処理が必要なため、大画面・高画質でのリアルタイムエンコーディングにはそれなりに高額な機器が必要である。

 一方、音声はソフトウェアでも実時間を大幅に上回る速度でのエンコードが可能になっており、リアルタイム以上でのエンコードは日常的に行われている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]