リンクアグリゲーション

用語の解説

リンクアグリゲーションとは

(link aggregation)
リンクアグリゲーションとは、複数の物理的な回線を仮想的に束ね、あたかも1本の回線であるかのように扱う技術のことである。
IEEE P802.3adとして規定されている。 リンクアグリゲーションを用いると、物理的回線の仕様帯域を合計した量の帯域を使用できるようになる。 例えば1Gbpsの回線5本を仮想的に束ねれば、5Gbpsの仮想的通信帯域を使用することができる。 リンクアグリゲーションを用いることによって、高速な回線を用意しなくても通信帯域を拡大することができる。 そのため柔軟かつ効率的なネットワーク設計が可能になる。 同時に、物理的回線のうち1本に不具合が生じた場合には他の回線を用いて通信を継続できるという利点もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]