リーガルサイズ

用語の解説

リーガルサイズとは

(legal size)
リーガルサイズとは、米国を中心に用いられる用紙サイズのひとつで、8.5×14インチ(約216×約356mm)である紙のことである。
欧米のインチ式で測られた寸法であり、A4判に比べて幅がわずかに広く(約6mm)、縦にはだいぶ長い(約60mm)。 「リーガル」(法定的)の名を冠するだけあって、米国では契約書や申請書といった証書によく用いられる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]