リーダー

用語の解説

リーダーとは

(leader)
リーダーとは、箇条書きで項目名と内容をつなげる線のこと、あるいは、約物とよばれる特殊記号の一種で、点を2つまたは3つ横に並べた形をした記号のことである。
線のリーダーは、目次や一覧表、箇条書きなどを作成する際に用いられる。 線の種類は、実線や点線、破線などを用いることが多い。 リーダーを用いれば、リーダーによって導かれる文字列の開始位置を指定できるため、導き手となる文字列の文字数に左右されずに、体裁の整った一覧を作成することができる。 Wordで文書にリーダーを設定するには、「タブとリーダー」機能を用いる。 記号のリーダーは、省略の意味を持つ記号として、あるいは、視線を導かせる点線などとして用いられる。 記号の種類は、3点リーダー(…)や2点リーダー(‥)などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]