ループバック

用語の解説

ループバックとは

(loopback)
ループバックとは、送信したものが自分に帰ってくるようにすること、あるいはそのような状態のことである。
自分が送った送信信号をそのまま受信し返し、信号が正しく送信できているかどうかを確認するのに用いられる。 このとき、送信信号線を受信信号線に接続する特殊なプラグが用いられる場合もあるが、物理的なコネクターを用いずに、ネットワークカードでそこに送信すると自分で受信できるように設定された特定のアドレスを利用する場合も多く、特にその際に用いられるアドレスがループバックアドレスと呼ばれる。 TCP/IPでは、「127.0.0.1」がループバックアドレスとして使われる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]