ルーメン

用語の解説

ルーメンとは

(lm,lumen,)
ルーメンとは、光の量を計測する単位のひとつである。
一般には「lm」と表記される。 ルーメンは、光源が発する光の出力量(光束)を計測するための単位として用いられる。 1ルーメンは、点灯したロウソクを1メートル先に置いたときの手元の明るさのことである。 プロジェクターなどにおいては、投射する画面全体に照明をいきわたらせる必要がある。 そのため、明るさを計測する際には、画面を縦3×横3に9分割して各部分の明るさを計測し、それぞれの画面の明るさを平均した値を算出する方法がとられる。 このとき、画面の各部分の明るさはワット(W)で、それらの値から算出された平均値はルーメン(lm)で計測される。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]