レリーズタイムラグ

用語の解説

レリーズタイムラグとは

(shutter release time lag,release time lag,)
レリーズタイムラグとは、カメラでの撮影時に、シャッターボタンを押してから実際に画像が記録されるまでの時間差のことである。
レリーズタイムラグは、メーカーや機種によっても大きく異なるが、一般的にはデジタルカメラにおいてレリーズタイムラグが大きい傾向がある。 スポーツ写真のように被写体が高速で動いている場合などでは、しばしばシャッターチャンスを逃す要因にもなる。 レリーズタイムラグは、通常、ピント調整が整った段階で、シャッターを押してから撮影までの時間を指す表現として用いられる。 これに対して、シャッターボタンを押してからオートフォーカス調整、プリ発光などを経て撮影が行われるまでの時間は、シャッタータイムラグと呼ばれて区別されることが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]