レーザートリミング

用語の解説

レーザートリミングとは

(LASER trimming)
レーザトリミングとは、ICのパターンの一部をレーザーによって切断し、性能の向上を図ることである。
一般に、A-DコンバータやD-Aコンバータは精度を高めるために精密な抵抗などを必要とする。 しかし、ICを製造するプロセスにおいては、様々な要素が加わってしまうため、高精度な部品を作ることは容易でない。 そこで、性能を向上させるため、でき上がったICの特性からパターンなどをレーザーによって切断する。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]