ログアンプ

用語の解説

ログアンプとは

(Log Amp,Logarithmic Amplifier,)
ログアンプとは、増幅器(アンプ)の一種で、出力電圧が入力電圧に対する対数関数(log)となるような回路のことである。
ログアンプを実現する方法としては、ダイオードやトランジスタの対数特性を利用する方法などがある。 入力電圧を「Vin」、出力電圧を「Vout」とすると、ログアンプでは入出力電圧を以下の式で表すことができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]