ロケーションベースマーケティング

用語の解説

ロケーションベースマーケティングとは

(LBM)
ロケーションベースマーケティングとは、マーケティング手法の中でも、顧客の位置情報を連動させて地域的に最適な情報を配信するマーケティング手法のことである。
とりわけ携帯電話の位置情報サービスの進化に伴い、顧客(ユーザー)の移動位置に連動して現在地から最もアクセスしやすい店舗の情報を宣伝する技術や手法が注目を集めている。 より現在地に近ければ、顧客の到達率も向上するうえ、顧客がよく知らない地域における情報であれば情報の貴重性が増す利点がある。 ただし、ロケーションベースマーケティングは顧客の現在地を把握して行うマーケティング手法であるため、プライバシーの侵害に当たるのではないかと懸念される声もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]