編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ロボット型サーチエンジン

用語の解説

ロボット型サーチエンジンとは

(ロボットガタサーチエンジン)

 サーチエンジンの一種で、専用のアプリケーションソフトがインターネット上のWebサイトを自動的に巡回してデータを収集するタイプのもの。

データを収集するソフトウェアをロボットと呼ぶ。

 人手でサイトの「索引」を構築するディレクトリ型にない特徴として、各Webサイト内を指定したキーワードなどの検索条件にしたがって全文検索することができる。

 ロボットは人間と違って各サイトやページに書かれている内容の意味や相互の関連までは把握できないため、ディレクトリ型サイトに掲載されているようなサイトの分類や要約などを生成することはできない。

 最近ではソフトウェア技術の進歩により、ロボット型でもサイト間の相互の関連性を利用した検索結果の重み付けを行なったり、内容をベースに自動的に関連のあるもの同士を結び付けて分類を行なったりするものも登場するようになった。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]