編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ロングタップ

用語の解説

ロングタップとは

(タッチ長押シ,long tap,)
ロングタップとは、タッチインターフェースにおける操作のうち、一定時間画面に触れてから離す操作のことである。
タップに対して、いわゆる長押しに相当する操作である。 ロングタップは、コンテキストメニューを表示したり、画像を保存したりと、アプリケーションごとに任意の操作が割り当てられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]