編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ロングテール

用語の解説

ロングテールとは

(ロングテール効果,ロングテール現象,ロングテールノ法則,The Long Tail,)
ロングテールとは、市場における商品の中でもあまり売れることのない、少数派の市場の商品のことである。
雑誌『ワイヤード』のクリス・アンダーソンによって提唱されたもので、Web 2.0時代を特徴づけるキーワードとして盛んに注目されている。 従来の商戦略においては、商店のコスト戦略や売り場面積の関係上、最もよく売れる商品をいかによく売るかが鍵を握っていた。 店の陳列棚のうち、よく売れる商品を目立つ位置に配置された。 めったに売れない商品は目立たないところに置かれ、あるいは店頭から除かれた。 そのようにして販売された商品を、売上高順にグラフにしてゆくと、最もよく売れる商品の上位20%が、全体の売上げの80%までを計上しているという現象が見える。 これが俗に「80:20の法則」(パレートの法則)と呼ばれている。 この「80:20の法則」は、あらゆる場面において適用可能である(例えば、家庭では台所をはじめとする全体の20%の部屋から、家庭ゴミの約80%が排出される、など)。 マーケット戦略においても、この80:20の法則に基づいて、マスを対象とした商品展開が長らく行なわれてきた。 このような売上げ像をグラフにしてみると、グラフの下位には売上げ高のそれほど高くない商品が長く連なってゆくこととなる。 このグラフでは、先頭(上位20%)では上方向に向かって急激に線が伸びており、それ以降が低く長く続いてゆく。 このグラフを、頭をもたげた首長竜になぞらえて、売れ筋商品を「ヘッド」(頭部)、そしてマイナーな商品を「ロングテール」(長い尻尾)と呼んだ。 ロングテールの横に伸びる長さは、最も売れている商品の売上げが縦に伸びている高さの比ではない。 従来の商店に較べて、インターネット商店では、商品の展示スペースを気にする必要がほとんどなく、在庫が場所を消費することを心配する必要もない。 そのため、どれほどマイナーな製品でも取り扱うことができる。 検索することができるので「目に付く陳列場所」の重要性もだいぶ減少している。 そのような理由から、インターネット販売においては、マイナーな製品の売上げの合計が、最もよく売れている商品上位20%を上回るという、一種の逆転現象が発生している。 ロングテール現象を実現して見せたのは、Amazon.comやGoogleといったWeb2.0企業であるといわれる。 Amazon.comは、インターネット上に販売店ということで商品在庫管理のための物理的制約をほとんど受けない。 図書販売に限っても、実店舗をもつ最大規模の販売店が10数万品目程度を扱うのに対して、Amazon.comでは200万品目以上を取り扱っている。 ふとしたきっかけで、それまで日が当たらなかった商品がピックアップされたとしても、インターネット販売ならすぐに対応することができる。 Amazon.comでは、販売ランキングが1万位以下であるような商品の積み重ねが全体合計の半分を占めているといわれている。 Googleは、AdSenseと呼ばれるテキストマッチング広告を一般のユーザーに小口販売したことによってロングテール現象を実現した。 気軽に始められる仕組みをつくることで一般ユーザーにも広く浸透した。 一人当たりの売上げこそ小さいものの、膨大な利用者を得たことで、合計の売上高としては大規模な広告主を見つけるよりも大きな収益を上げるに至った。 あるいはAppleの展開しているiTS(iTunes Store)では、3億曲に上るすべての曲を一律99セントでダウンロード販売している。 この3億曲の中で、今までに一度もダウンロードされなかった曲はなかったと言われる。 ロングテールは、過去長きにわたって市場経済を支配してきた「80:20の法則」を打ち破る新たなパラダイムとして、Web 2.0がもたらす新たなインターネット時代の象徴とみなされ注目を集めている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]