ローカルアドレス

用語の解説

ローカルアドレスとは

(local address)
ローカルアドレスとは、インターネットに接続されていない「ローカル」な状態で、NIC(Network Information Center)からの正式な割り当てを受けずに、ユーザーによって自由に割り振られたIPアドレスのことである。
IPアドレスに用いられる32ビット文字列すべてを勝手に割り当て、社内ネットワークなど組織内の閉じたネットワーク内での接続に利用される。 インターネットを通じて通信を行なうことはできない。 なお一般にインターネット上で用いられる、世界レベルで一元的に管理されるIPアドレスはグローバルアドレスと呼ばれる。 これに対して、社内や家庭内など閉じたネットワークだけで用いられるIPアドレスがプライベートアドレスと呼ばれる。 プライベートアドレスとローカルアドレスは、機能はほぼ等しいが、しかしプライベートアドレスはインターネット技術の標準化団体であるIETFによって規定されたルール(RFC 1918)に則しており、他方ローカルアドレスはこれを無視しているという点で異なる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]