ローカルエコー

用語の解説

ローカルエコーとは

(local echo)
ローカルエコーとは、純粋な文字ベースの操作環境であるキャラクターユーザーインターフェース(CUI)において、ネットワークを通じて遠隔地のコンピューターを操作するとき、送信する文字列と同じものを手元のパソコンでも表示させる機能のことである。
手元の端末で、入力し送信する文字列を画面に表示する。 これによって、遠隔地にある端末に適切なコマンドを送ったかどうかを確認することができる。 なおこれに対して、送信した文字列をホスト側からそっくり返って来させて手元の端末の画面に表示する機能がリモートエコーと呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]