編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ローカルバス

用語の解説

ローカルバスとは

(ローカルバス)

CPUの外部バス(CPUとメモリや内蔵ハードディスクをつなぐ通路)をそのまま使用する拡張バスシステムの総称。

CPUバスに拡張カードなどを直結あるいはそれに近い形式で接続する。 CPUの高速化が進むなか、拡張バスは簡単に速度を上げられなかった。 この問題を解決するため既存のバスはそのままにして、CPUの外部バスとほぼ同じスピードでデータを転送できるローカルバスが開発された。 IBM PC/ATでは、VLバスやPCIバスなどがある。 Power Macintosh 9500からはNuBusに代わり、PCIバスが採用された。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]