編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ローカルヒープ

用語の解説

ローカルヒープとは

(ローカルヒープ)

 Windows Ver.3.1までの16bit版環境では、プログラムが利用できるヒープ領域(メモリ領域)がローカルヒープとグローバルヒープの2種類に分離されていた。

このうちグローバルヒープは、Windowsシステムが管理する未使用のメモリ領域である。 これに対しローカルヒープは、ある1つのアプリケーションが管理する固有のヒープ領域である。

 Windows Ver.3.1までの16bit版Windows環境では、80286相当のセグメント(1セグメントの最大サイズは64Kbytes)を利用してメモリが管理されており、ローカルヒープに対するアプリケーションのメモリアクセスは、16bitのオフセット値を指定するだけで、少ないオーバーヘッドで実行することができた。 このローカルヒープは、各アプリケーションごとに最低1つ割り当てられるようになっていた。

 これに対しWindows 95やWindows NTの32bit環境では、x86のセグメントアーキテクチャに依存せずに、4Gbytes(32bit)のメモリをフラットにアクセスできるようにされたため、16bit環境時代のようなグローバルヒープ/ローカルヒープという概念は存在しない(互換性の維持のため、グローバルヒープ/ローカルヒープをアクセスするためのAPIは残されている)。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]