編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ローカルループ

用語の解説

ローカルループとは

(ローカルループ)

 加入者宅と最寄りの電話局を接続している電話回線のこと。

大手電話会社が引き込む場合がほとんどで、従来はローカルループを利用したサービスの提供は引き込みを行なった電話会社しか利用できなかった。 しかし、現在ではローカルループ設備の開放が進み、別の事業者が従来の電話サービスと併用できる形でADSLなどの通信サービスを提供できるようになりつつある。 一方で、無線を利用してローカルループを経由せずに加入者宅と基地局を結ぶ通信サービスも提供され始めており、この場合の加入者宅と基地局を結ぶ無線設備を「ワイヤレスローカルループ」(WLL)と呼んでいる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]