ロータスノーツドミノ

用語の解説

ロータスノーツドミノとは

(ノーツドミノ,Lotus Notes/Domino,)
ロータスノーツドミノとは、ロータスノーツのサーバーソフトのことである。
Lotus Developmentによって開発され、IBMによる同社買収により現在ではIBMにおいて取り扱われている。 従来は、クライアントサーバー型のノーツであったが、多くのグループウェア製品がWebブラウザによる利用形態に変化してきていることから、Domino8では、Webサービスにも対応できるように、オープン対応の強化が図られている。 また、別々に作られたソフトウェアを要素とし、これらを組み合わせて構築するアプリケーションである「コンポジットアプリケーション」にも対応するような設計になっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]