ロータスノーツ

用語の解説

ロータスノーツとは

(ノーツ,Lotus Notes,)
ロータスノーツとは、IBMのグループウェアソフトウェア製品のことである。
Lotus Developmentによって開発され、IBMによる同社買収により現在ではIBMにおいて取り扱われている。 ロータスノーツでは、電子メール、スケジュール管理、文書共有、会議室予約などの機能を組み合わせて利用できる。 データベースはノーツ専用のものを用いており、高度なファイル検索が可能だが、企業の業務内容に応じてカスタマイズしていく必要がある。 柔軟なカスタマイズができるため、業務内容に近くて使いやすいシステムや高度なナレッジ共有システムなどが含まれたグループウェアを構築することができる。 また、オフィスツールも独自のものを提供している。 近年、グループウェアの多くは、クライアントサーバー型からWebブラウザによる利用形態に変化してきており、これに伴ってノーツもWebブラウザから利用できるバージョンを発売している。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]