編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ロードバランサー

用語の解説

ロードバランサーとは

(ロードバランサー)

 大量のリクエストを複数のサーバに割り振り、負荷を軽減するいわゆる「負荷分散装置」。

TCP/IP環境での負荷分散に特化したものを「IPロードバランサー」などと呼ぶ。 クラスタリングがサーバの信頼性を重視するのに対し、ロードバランサーは可用性とパフォーマンスに重きを置いている。 ラウンドロビンDNSが順番に負荷を割り振っていくのに対して、ロードバランサーではアクセスユーザー数、データの転送量、サーバの状態などを総合的に判断し、負荷を割り振ることができる。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]