編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ロードバランサ

用語の解説

ロードバランサとは

(負荷分散装置,サーバー負荷分散装置,ロードバランサー,load balancer,)
ロードバランサとは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を管理し、同等の機能を持つ複数のサーバーにアクセスを転送する装置のことである。
サーバーの負担超過によるシステムダウンや応答速度の遅延を防ぐ効果がある。 ダウンしたサーバーへのリクエストを停止する役割りも持っている。 最も単純な場合は、アクセス要求を単純なラウンドロビン方式で割り振ってゆくことで負荷分散が図られる。 各サーバーの反応速度が大きく異なる場合には、同じクライアントからの通信を常に同じサーバーに転送する機能を備えている必要がある。 ロードバランサは基本的に専用機材が配置されるが、ロードバランサのアプリケーションをインストールして、サーバーをロードバランサとして使用することもできる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]