編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ローパスフィルタ

用語の解説

ローパスフィルタとは

(低域通過フィルタ,Low Pass Filter,LPF,)
ローパスフィルタとは、特定の周波数以外の信号を遮断する機能を持つフィルタのうち、低域周波数のみを通過させるフィルタのことである。
ローパスフィルタは、特定の閾値よりも高い周波数信号を減衰させて遮断し、低域周波数のみを信号として通過させることができる。 高周波域が雑音として入りやすいデジタルカメラなどにローパスフィルタがよく用いられている。 なお、低域周波数を通過させるローパスフィルタに対して、高域周波数を通過させて低域周波数を遮断する性質を持ったフィルタは、ハイパスフィルタ(HPF)と呼ばれる。 また、特定の周波数の範囲のみを通過させ、それ以外の周波数を遮断するフィルタはバンドパスフィルタ(BPF)などと呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]