ワイヤレスキーボード

用語の解説

ワイヤレスキーボードとは

(ワイヤレスキーボード)

 コンピュータとの接続に赤外線や電波を使うキーボード。

コンピュータ本体と受信機(レシーバ)をケーブルで接続し、受信機とキーボードが電波や赤外線で通信する。 受信機はUSBポートやシリアルポート、PS/2ポートなどの一般的な方式でコンピュータ本体に接続するため、コンピュータ本体に特別なインターフェースは必要ない。 操作がケーブルの妨げを受けることがなく、コンピュータから離れた場所でも使用することができる。 ただし、キーボードに電池を詰まねばならず、電池が切れると操作不能になってしまう。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]