ワイヤーフレームモデル

用語の解説

ワイヤーフレームモデルとは

(ワイヤーフレームモデル)

 コンピュータグラフィックスにおいて、物体の頂点を結ぶ直線によって処理を行なう方式。

この方法では、物体の面は表現されないため、画像は現実の物体とはかけ離れたものになるが、少ない計算処理で操作が可能なことから、コンピュータの計算能力が低かった昔にはよく使われる手法だった。 処理のオーバーヘッドが小さいことから、現在でも3Dグラフィックスアプリケーションなどにおいて、編集時の表示方法などとして利用されている。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]