編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ワイヤーフレームモデル

用語の解説

ワイヤーフレームモデルとは

(wire frame model)
ワイヤーフレームモデルとは、コンピューターで3次元の立体画像を扱う際に用いられる表現方法のひとつで、立体の図形を、その輪郭線のみで表現する手法のことである。
平面になる部分はその辺のみを表示し、曲面は柵状あるいは網目状の線を並べて表現する。 面は情報に含まれないので、奥にある線を透過する。 ワイヤーフレームモデルは、面の表現で構成されたサーフィスモデルに比べて情報量を少なく抑えることができるため、高速に処理・表示できるなどの利点があるが、サーフィスモデルのような立体的な美しさに欠ける。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]