編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ワイルドカード

用語の解説

ワイルドカードとは

(wild card)
ワイルドカードとは、任意の文字を指示するための特殊な文字記号のことである。
あいまいな文字列やファイルなどの検索に用いられる。 主に「*」や「?」が用いられ、この記号を検索したい語句に付加して検索を実行すると、その語句を含む文字列やファイルがすべて検索される。 その際「*」は任意の長さの任意の文字を、「?」は任意の1文字を指示する。 「ワイルド*」などのように検索したい語句が先頭に付くすべてのものを検索する手法を前方一致検索と呼び、「*カード」のような逆の検索手法を後方一致検索と呼ぶ。 UNIXでは、「*」「?」の他にもいくつかワイルドカードが用意されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]