ワンクリウェア

用語の解説

ワンクリウェアとは

(ワンクリウェア)

 ユーザの虚を突いてパソコンに忍び込み、払う必要の無い不当な料金請求を行なう悪質なソフトウェア。

スパイウェアやトロイの木馬に近い特徴を併せ持つマルウェアの一種。

 アダルトサイトや出会い系サイトなどにパソコンや携帯電話からアクセスすると、いきなり料金請求の画面が表示される不当料金請求の手口を「ワンクリック料金請求」(あるいはワンクリック詐欺)というが、これに似た不当請求をプログラムを送り込むことによって行なうのがワンクリウェアである。

 ワンクリウェアの仕込まれたアダルトサイトなどにアクセスすると、ユーザにそれと気付かせないよう巧妙にプログラムがダウンロード、実行され、画面上に使った覚えの無いサービスの入会金や利用料金などを請求するメッセージが表示される。 パソコン内に保存されているユーザのメールアドレスを盗み出して不当請求業者に送信し、そのアドレスに業者から不当請求メールが届くといった仕組みになっているプログラムもある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]