ワンクリック特許

用語の解説

ワンクリック特許とは

(ワンクリックトッキョ)

 Amazon.comが権利を保有するビジネスモデル特許(U.S. Patent 5,960,411/1999年9月成立)。

初回購入時に顧客の個人情報を登録し、この際に顧客のコンピュータにIDデータを記録したcookieを送信して、次回以降はこのcookieによって顧客を判別し、簡単な手続きでの決済を可能にするシステムについて特許が成立している。 Amazon.comは1999年10月にこの特許を侵害しているとしてBarnes & Nobleを提訴したが、2001年2月時点で、いったん成立したサービス停止の仮処分は取り消され、本案審理が行われている。 なお、国内でもワンクリック特許は出願されたが、ソニーが1995年に同種のシステムをすでに出願していた(審査請求されていないので特許として成立はしていない)ため、この出願は拒絶された。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]