ワンストップショップ

用語の解説

ワンストップショップとは

(ワンストップショップ)

 関連するすべての商品やサービスをそろえた総合店舗。

一ヶ所で様々な製品をまとめて購入する消費者行動は「ワンストップショッピング」という。 何をどれだけそろえるかは業態や個々の店舗によって異なる。

 他店との差異化のために「ここに来ればなんでもそろう」という印象を消費者に与え、顧客の囲い込みをはかるためのマーケティングメッセージとしての意味合いが強い。

 食料から衣料品、薬品、家電などをそろえた総合スーパーやパワーセンターは「暮らしのワンストップショップ」ということができる。 同様に、「オフィス用品のワンストップショップ」「企業情報のワンストップショップ」「金融商品のワンストップショップ」「通信サービスのワンストップショップ」のように、様々な業種の様々な企業が、自社事業の総合性を強調するために使用している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]