ワンストップ行政サービス

用語の解説

ワンストップ行政サービスとは

(ワンストップギョウセイサービス)

 一度の手続きで、必要とする関連作業をすべて完了させられるように設計された行政サービス。

行政改革の一環として、行政手続きの電子化や広域連携によって、手続き回数を減少させ、コスト削減と利便性の向上を図る構想のこと。 例えば、住民票の移動に際して、転出の届出と転入の届出とを同時に行えるようにする、などといったものである。 また、窓口だけでなくパソコンや情報端末からの手続きを可能にすることも目指している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]