ワンストップ行政サービス

用語の解説

ワンストップ行政サービスとは

(ワンストップギョウセイサービス,one stop governmental service,)
ワンストップ行政サービスとは、ワンストップサービスの一種で、行政上の一連の手続きを1回の手続きで、あるいは1箇所の窓口で完了させることができるような行政サービスのことである。
行政機関や地方自治体などでは、ある事項に関する複数の手続きを行うために、それぞれ別個の窓口に赴かなくてはならない傾向が顕著であった。 例えば、引越の際には、転出・転入届け、転校手続きといった種々の手続きを伴い、一々手続きを経るには大変な手間と量力を要する。 ワンストップ行政サービスが実現されることによって、手間や利便性を大幅に改善することができる。 ワンストップ行政サービスは、電子政府によるオンラインの行政手続によっても実現が進められている。 2007年3月に総務省が公表した「新電子自治体推進指針」では、2010年までに利便・効率・活力を実感できる電子自治体の実現が目標とされている。 これは、電気、ガス、水道、銀行のような公営企業、民間官民と官公庁とが連携するワンストップサービスである。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]