ワンセグ

用語の解説

ワンセグとは

(ワンセグ)

 地上デジタル放送で行なわれる携帯電話などの移動体向けの放送。

2006年4月1日放送開始。 もともと技術的呼称として1セグメント放送と呼ばれていたが、地上デジタル放送推進協会によって2005年9月にワンセグという名称が決定された。

 日本の地上デジタル放送方式では、1つのチャンネルが13の「セグメント」に分割されており、これをいくつか束ねて映像やデータ、音声などを送信している。 ハイビジョン放送(HDTV)は12セグメント必要だが、通常画質の放送(SDTV)は4セグメントで済むため、3つの異なる番組を1つのチャンネルで同時に放送することもできる。

 このセグメントのうち、1つは移動体向け放送に予約されており、これを使って放送を行なうのがワンセグである。 帯域が通常放送の1/4と狭いため、QVGA(320×240ピクセル)サイズの低解像度の映像しか伝送できないが、携帯端末の特性を活かし、通信機能や位置情報を活用した新たな試みができるのではないかと期待されている。 受信は通常のテレビ放送と同じように民放が無料、NHKは受信料方式になると思われる。 放送開始当初は通常の地上波放送と同じ番組を同時に流すサイマル放送が主になる予定。

 映像の符号化にはH.264(MPEG-4 AVC)が、音声の符号化にはAAC LCが使われる。 静止画はJPEG、GIF、アニメーションGIFに対応。 著作権保護技術として当初はスクランブル化が検討されたが見送られ、CCI(Copy Control Information)によるコピー制御が使われることになった。 データ放送部分はBMLによる情報の記述が可能で、ワンセグ独自の拡張として、携帯端末の持つ電子メールやスケジュール帳、GPSによる位置情報などとの連携が可能になる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]